結論「ベトナムでは治療費用は最低200万円は必要」

先に結論を書いておきたいと思います。

のむてつ所長のむてつ所長

ベトナムでは「疾病治療費用」「傷害治療費用」の補償額は、それぞれ最低200万円は欲しいところ。300万円なら安心です。あと注意したいのは、医療費が高額になる医療搬送が必要となったとき(ベトナム⇒日本は約200万〜1000万円)。医療搬送を考えて、「救援者費用」の額を決めるべき。ベトナムは医療水準の問題から、シンガポールなどに医療搬送する可能性が高いです。(下で詳しく説明します)。

このページの目的

海外旅行保険は、本当に1年で20万円以上もする「保険金支無制限」のものが必要なのでしょうか?短期の保険なら、本当に、クレジットカード付帯の保険だけでは不足するのでしょうか?

このページでは、ベトナムの医療費の価格を実際に見て、海外旅行保険をどれくらい掛けておく必要があるか、クレジットカード付帯保険で対応可能なのか、それとも不足するのか、などについて検証します。

※東京海上日動やAIU、JI傷害火災、HS損保などの保険会社が公表しているデータから、できるだけ客観的に見ていきたいと思います。(記事下に、すべての出典リンクを掲載)

まず大前提として

海外旅行保険を考えるときに、まず大前提として2点、頭に入れておいてください。

海外旅行保険の額を考えるときの大前提2つ

  1. 一番使う確率が高いのは「治療費用」。この額をメインに考えるべき。
  2. 高額医療費の原因のほとんどが医療搬送。なので「救援者費用」の額も重要

クレジットカードの宣伝でよくある「最大補償額●千万円!」というのは、実は利用確率の低い死亡補償の額だったりします。最大補償額が大きくても、あまり意味がありません。保険額を決めるのに重要なのは、「治療費用」と「救援者費用」です。覚えておいてくださいね。

判断基準

治療費用に関して↓

ベトナムで盲腸手術:約40万円

  • 全体的に、日本の4分の3くらいの額の医療費(日本の10割負担額と比較)
  • 集中治療室(ICU/CCU)の額: 8万円/日(*4*5)⇒20日間160万円

救援者費用に関して↓

医療搬送イメージ

  • 日本への医療搬送(定期便): 約190万円(*4)
  • 日本への医療搬送(チャーター便): 約1000万円(*8)

ベトナムの医療費の価格&実際の事例

まず、ベトナムでは公立病院は安いのですが、我々外国人の利用は難しいようです。↓この外務省ホームページでの説明でわかるように、公立病院は地元の人向けの病院という感じですね。

(2)医療環境・水準
…(省略)…公立では医療スタッフ,受容能力,医療機器等の絶対数が不足しています…(省略)…われわれが公的医療機関に満足しうる医療を期待することは困難な状況であると言わざるをえません。…(省略)…
(3)医療機関の受診
 公的医療機関では上記の状況に加えて,通常はベトナム語のみの対応となるので,あまりお勧めはできません。私立病院・クリニックの中には日本人や日本語で対応可能なスタッフが勤務しているところがあり,在留邦人の多くはそのような医療機関を利用しています。…(省略)…医療費の支払は現金払いが原則ですが,多くの医療機関でクレジットカードが利用でき,海外旅行傷害保険のキャッシュレスサービスを利用できるところも増えてきています。

ということなので、下記では私立病院の価格を書いていきます。

ベトナムの医療費の価格&実際の事例

盲腸(虫垂炎)手術費用は総額約40万円

盲腸手術の費用データ(ホーチミン)

・24万円(手術代のみ。私立病院、2013年*4)
・28万円(手術代のみ。私立病院、2009年*5)
・11万円(病室代/看護費用/技術料など総費用。私立病院、2008年*2)

のむてつ所長のむてつ所長

ちなみに日本の医療費は↓こんな感じ。
●盲腸手術:総額約60万円
●個室入院:一日3〜10万円
●ICU入院:一日8〜10万円
(出典2008年*2)

入院時の部屋代は個室1日7万円

病院の部屋代(1日あたり)
・私立病院個室7万円
・私立病院セミ個室3万円
(すべて2013年*4)

 ※薬代、X線代、検査費は含まず

集中治療室(ICU/CCU)の費用

集中治療室(ICU/CCU)の費用データ(1日の価格)
・8万円(私立病院、2013年*4)
・10万円(私立病院、2009年*5)

その他の治療費用のデータと事例

少し医者に診てもらうだけで、数万円はかかると思ったほうが良さそうです。

胃腸炎での外来初診料(2013年*4) 8千~2.4万円
救急車の基本料金(2008年*2) ①公営:5,300円
②民営:2,600円
入院保証金(2013年*4) 10万円
アキレス腱断裂の手術費用(2013年*4) 25万円
階段で転倒し、背中を打撲。現地病院を受診。帰国後に再度受診。治療費用、通院のための交通費が発生。(年不明*7) 9.5万円 腹痛、下痢、発熱を発症し病院を受診。ウイルス性胃腸炎。治療費用が発生。(年不明*7) 5.5万円

高額な事例(医療搬送を含まないもの)

事故状況(年度・出典) 保険金支払額
ショッピングモールで階段を踏み外し落下、手首を骨折し、現地で手術。治療費用・入院費用・帰国費用等が発生。(年不明*7) 128万円

以上のデータを見て、ベトナムで治療費用は最低150万円、200万円あると安心、という判断をしました。

しかし、上記は、あくまで医療搬送が絡まないデータ。医療搬送が必要になったときの費用を、↓次に見てみましょう。

ベトナムから日本へ移送費&実際の事例

医療搬送チャーター機イメージ

チャーター機での医療搬送は、1時間につき約80万円かかる*8

飛行機での医療搬送は、定期便か、チャーター便かで、かなり価格が変わります。

定期便利用の場合

合計 約150~200万円
(2013年*4、2009年*5)
・付き添い医師1名、看護師1名
・座席を6~10席確保し、ストレッチャー利用
・定期便のメリットは、安いこと。
・デメリットは断られることもあること(感染症の疑いや、繁忙期など)

チャーター便利用の場合

合計 約1000万円
・チャーター費用 約880万円(2011年*8)
・その他費用 約120万円
(その他費用の内訳)付添い医師1日20~40万円、付添い看護師1日約10万円、医療機材4万円、現地病院〜空港の車移送3~5万円、宿泊費用(遠路の場合)1人1泊1.5万円(以上、2009年*5)、成田空港〜都内病院の車移送 10~25万円(2013年*9)

・チャーター便のメリットは断られないこと。デメリットは高額であること。

ベトナムから日本への医療搬送の事例

事故状況(年度・出典) 保険金支払額
胸の痛み→心筋梗塞と診断。チャーター機でバンコクまで医療搬送。12日間入院。家族が駆けつける。(2007年*1) 968万円
足がもつれ転倒。心不全・心筋梗塞・心房細動と診断。現地病院から設備が整った病院へ搬送後9日間入院。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。(2011年*1) 459万円
朝、めまいがし体が動かなくなる。脳梗塞と診断され12日間入院。医師・看護師が付き添い医療搬送。(2013年*1) 453万円
手足のしびれ・感覚麻痺を訴え受診。硬膜下血腫と診断。15日間入院・手術。家族が駆けつける。医師・看護師が付き添い医療搬送。(2010年*1) 448万円
めまい・呼吸困難を訴え受診。6日間の入院中、ふらつきによる転倒で腰椎圧迫骨折。家族が駆けつける。医師が付き添い医療搬送。(2007年*1) 448万円

↑これらのデータを見ると、定期便での医療搬送が約150万円とすると、治療費用だけなら300万円あれば十分なのがわかると思います。

以上が、医療搬送のデータです。

一点、知っておいて欲しいのは、この医療搬送は、利用するかどうかは自分で選べる、ということ。「医療搬送は自分には不要」と割り切れば、海外旅行保険の保険料の大幅に節約できます。

医療搬送が必要かどうかの判断=大幅な節約

定期便で約150万~200万、チャーター便だと約1000万もかかる医療搬送。これは必ず必要なものなのでしょうか?

保険代理店に尋ねてみたところ「もちろん医療搬送も、やるかどうかは自分の判断(家族判断)になります」とのこと。では、医療搬送を希望する人というのは、どういう人で、どういう理由で希望するのでしょうか?

医療搬送はシニア層(65歳以上)が多い

ジェイアイ傷害火災が発表しているデータ(出典)によると、こんな事実が判明しています。

  • 300万円超の高額医療事故はシニア層(65歳以上)が約半数である
  • 2014年度 高額医療事故の上位5件のうち4件がシニア(9,335万円〜1,888万円)

また、ジェイアイ傷害火災とエイチ・エス損保が公開している500件以上の事故事例(*1*7)を一つ一つ調査したところ、↓このような事実もわかってきました。

  • 1000万円超の高額医療事故73件のうち61件(84%)が医療搬送。
  • 医療搬送を病気に限定すると、脳内出血、くも膜下出血、脳梗塞、心筋梗塞など、シニアに起こりやすい病気が多い。

上で紹介したベトナムからの医療搬送の事例5件の中にも、たしかに、心筋梗塞が2件、脳梗塞が1件、ありました。

このように見ていくと、シニア層(65歳以上)であるかどうかによって、医療搬送の可能性は、かなり違うことがわかると思います。65歳未満の場合は、医療搬送の可能性は、かなり低いと言えると思います。

また、逆の面から見ると、医療搬送は本人(家族)の希望で行うものであることから、「シニア層が医療搬送を希望することが多い」とも言えます。

医療搬送を希望する人は、どういう理由で希望するのか?

本人(もしくは家族)の希望で行う医療搬送。日本への医療搬送を希望する理由は、どういうものなのでしょうか?調べてみたところ、3つの理由に集約できました。

日本への医療搬送を希望する人の3つの理由
1. コミュニケーションの不安
2. 現地の医療水準が不安
3. 金銭的な不安

↑これら3つの不安をクリアできるなら、保険料の節約のために「医療搬送は不要」と割りきってよいことになりますね。

ただし、下で詳しく解説しますが、ベトナムでは、2の医療水準が、まだ低いようで、重度の病気の場合、医療搬送をしなければいけなくなることも多い、というのが現状のようです。

「医療搬送は不要」と割りきったとき、どうすべきか

では、今度は、重要な、「高額な医療搬送を断るなら、どう対応したらいいか」という問題を考えてみましょう。上記の3つの不安それぞれに対して考えてみます。

1. 「コミュニケーションの不安」への対策

これに関しては、日本の海外旅行保険は通訳費用も負担してくれるので安心です。通訳がいれば、最低限の意思疎通は問題ないでしょう。日本と同レベルの「かゆいところに手が届く」ほどのサービスは望めないかもしれませんが、それは仕方ないと割り切るしかないでしょう。

2. 「現地の医療水準が不安」への対策

ここ最近、日本以外の国の医療水準は、急速に上がってきています。さらに言えば、ほとんどの国に、外国人や富裕層向けの、高額だが医療水準の高い「ビジネス病院」があるものです。海外旅行保険に加入している日本人旅行者は、ほとんど、こういう病院を利用することになります。ですので、現地の医療水準を、国全体や、その地域全体で考えてはいけません。

ただし、現状を調べてみると、ベトナムでは、医療水準が十分ではないため、シンガポールなどに医療搬送されることも多いようです。外務省ホームページの在外公館医務官情報には、↓このように書かれています。

(2)医療環境・水準
 …(省略)…ハノイやホーチミン市には近代的な医療機器を備えた私立病院・クリニックがいくつかあり,重症でなければわれわれが利用できる医療環境となってきています。近年,日系クリニックの進出や日本人医療従事者が勤務している医療機関も増えてきました。しかし,未だタイやシンガポールなどの医療水準に到達しているとは言い難い状況ではあるので,診断の難しい病気や高度な医療が必要な場合には,近隣の医療先進国あるいは日本での診断・治療も選択肢として視野に入れて対応していくのが良いと思われます。そのためには予め医療先進国への緊急移送の特約を付加した海外旅行傷害保険に加入しておくことを強くお勧めします。

バンコクの医療関係者の方で、医療搬送にも携わり、医療搬送の難しさと高額さをよく知っている方が、ブログ(2013年の記事)中で、↓こう書かれています。

そろそろ海外で罹災した日本人患者は何でもかんでも日本の医療機関だけを妄信するのはやめたほうがいいのでは?と言わせていただきます。韓国、バンコク、シンガポール、マレーシアのビジネス病院のレベルは、日本の総合病院と医療レベルにおいて遜色はなくなっていますし、サービスレベルで行くと日本よりもはや上になっています。数年すると中国、インドネシア、インドなども肩を並べてくるでしょう(国全体の医療レベル比較ではなくあくまでもビジネス医療サービスを提供している医療機関の話です)。従いまして、もし海外で不幸にも病気や怪我をした場合は、現地でも十分対忚できる医療機関があるかもしれないことを考て、そこからどこでどのように治療計画を立てるか柔軟に対忚するのが肝要かと思います。

↑ベトナムの医療レベルのことは直接書いてありませんが、おそらく、中国、インドネシア、インドの次くらいに位置するレベルかと思います。ですので、2020年くらいには、医療搬送が不要なレベルになってくると思われます。

3. 「金銭的な不安」への対策

金銭的な不安というのは、具体的には、例えば、「集中治療室の費用が一日数十万円かかるので支払いが大変。医療搬送の費用を払ってでも、早く健康保険が使える日本で治療を受けたい」というような場合です。

ベトナムの場合は、集中治療室(ICU/CCU)利用が、1日8万円と、わりと高め。ただ、このレベルなら、20日間で160万円なので、カード付帯保険のレベルでも、なんとかカバーできるでしょう。

これに関しては、また先程のバンコクの医療関係者の方のブログが参考になります。

日本以外の多くの国では、医療機関ごとに医療レベルの差、病院費用の差が存在しますので、患者や家族がどのレベルの病院で治療を受けるかという選択をしなければならなくなることがあります。

つまり、簡単に言えば、「病院のレベルを下げれば医療費も下げられる」ということです。高級ホテルのような病院をやめて、少し簡素な病院にすれば、節約できる、ということです。現地の言葉を話すことができるなら、地元の人が利用する公立病院などもよいでしょう。

以上、3つの対策でした。

上の3つの対策を読んで、自分もできそうなら、「医療搬送必要なし」と割り切ることができるでしょう。無理そうなら、医療搬送になった場合も計算に入れて「救援者費用」の項目を多めに準備するようにしてください。

まとめ

ベトナムへ行くときの海外旅行保険は、

  • 治療費用は、最低200万円。300万円なら安心。
  • 救援者費用も、最低200万円。チャーター便利用を考えるなら1000万円。

救援者費用に関して

ベトナムの場合、医療水準がまだ低く、シンガポールやバンコクへの医療搬送の可能性があるので、救援者費用は最低限、200万円は欲しいです。1000万円あるとチャーター便での医療搬送も利用できて安心できます。特に65歳以上の方は、1000万円準備しておくことをオススメします。

1000万円準備する場合、1,2週間〜1ヶ月くらいまでの長さの旅行でしたら、保険料もそう高くないので、有料保険に入ることが一番簡単です。有料の海外旅行保険も、各社かなり差があるので、上手に選ぶようにしてください。こちらで詳しく比較・分析しています。⇒海外旅行保険フリープラン(バラ掛け)比較ランキング

治療費用に関して

治療費用200万円という数字は、付帯する保険内容が良いクレジットカードなら、年会費無料カード1枚でカバーできる額です。300万円を確保するのなら、一般カードなら2枚(治療費用補償など死亡補償以外は、カードを複数持っていると、限度額を上乗せできます)、ゴールドカードやプラチナカードなら1枚でカバーできます(参考:ゴールドカード比較表)。

ただし、注意点としては、「カード付帯保険は90日間が最長」ということです。3ヶ月以上の場合は、別の節約方法が必要になります。こちらの記事にまとめています。⇒半年〜1年など長期海外旅行保険の節約方法3つ

参考にさせていただいた文献リスト

保険会社の皆様、貴重なデータの公表、ありがとうございました!
*1 ジェイアイ傷害火災HP 海外での事故例(2002~2014年)
*2 ジェイアイ傷害火災HP 海外の医療事情(2008年のデータ)
*3 ジェイアイ傷害火災HP 海外の医療事情(2004年のデータ)
*4 東京海上日動 世界の医療と安全2014年
*5 東京海上日動 世界の医療と安全2010年
*6 AIU 海外での盲腸手術の総費用2008年(AIU海外留学保険総合案内サイト)
*7 エイチ・エス損保 旅行先でのトラブル事例
*8 チャーター機の料金は、アークEFI航空情報センター 航空機チャーター事業部(参考料金一覧)を参考に「1時間80万円×2(往復)×日本までの飛行時間(google mapより)」で計算。
*9 ④搬送費用 先端医療情報サイト ハロードクター

参考為替レート

現在の為替レート:10,000ベトナムドン=failed円 (←googleからの自動取得値)

2013年 1万ベトナムドン=45〜47円
2009年9月7日 1万ベトナムドン=52円
2008年 1万ベトナムドン=約57〜66円