3つの節約方法一覧と、その長所短所比較

setsuyaku

半年より長い、長期の海外旅行保険のすべてに使える節約方法なのですが、わかりやすい例として、1年の海外旅行保険として考えます。

今、長期の海外旅行保険は、普通に加入すると、最安プランでも1年で14万円(留学以外なら15万円)は、かかります。前ページの表を再掲します(一番安いレベルの治療救援費用1000万円のプランで比較)。

*1.AIUは治療救援費用2000万の留学プランの価格
*2.エース保険は治療救援費用3000万のプランの価格

損保ジャパン日本興亜 20万円
三井住友海上 20万円
あいおいニッセイ同和 18.7万円
エイチ・エス損保 18.6万円
AIU 17.5万円*1
エース保険(留学・ワーホリ限定) 15.8万円*2
東京海上日動 15.2万円
ジェイアイ(留学・ワーホリ限定) 13.7万円

↑これら、約15万円する保険料を、3万円以上節約する方法の紹介です。

現在、3つあります。
それぞれ、長所・短所があるので比較してみてください。

1年の長期海外旅行保険 節約方法一覧表

方法1:ドイツの保険会社の旅行保険で継ぎ足す→詳細 方法2:とあるカード会員限定、継ぎ足しで加入できる保険→詳細 方法3:利用付帯裏技に、1年の格安保険を上乗せ→詳細
特徴 最安だが通訳なし。語学力必須 年9万円。通訳ありで最安な方法 年12万と少し高いが、一番安心
こういう人向け ●語学力があり、とにかく安く済ませたい人
●旅行目的が、留学/ワーホリ、常に旅行で移動している人しか加入できない
●病院で通訳が必要な人
●22歳以上、年収200万以上(カード申込時)
●現地採用やロングステイもOK。旅行目的に制限なし(帰国予定は必要)
●少しでも安く
●病院で通訳が必要な人
●現地採用やロングステイもOK。旅行目的に制限なし(帰国予定は必要)
●安心感重視
コスト ●カード最低2枚
●保険354ユーロ
●カード最低2枚
(有料カード1枚必須)
●保険8.5万円
●カード最低4枚
●保険11.8万円
方法 ①カード付帯保険で90〜180日をカバー
②その後、ドイツの保険を利用
①カード付帯保険で90日
②91〜150日目まで、とあるカード付帯保険利用
③151日目〜、継ぎ足し保険利用
①保険付帯カード4枚で、1年をカバー
②補償額上乗せとして1年の格安バラ掛け保険を利用
長所 ●カード付帯保険90日のあとに、日数を継ぎ足す形で利用可能
●ネットで加入可能。即日開始可
●日本出国後も加入可能
●緊急歯科治療もある
●カード付帯保険90日のあとに、日数を継ぎ足す形で利用可能
●安心の東京海上日動
●海外就職/現地採用OK
●日本の海外旅行保険だがバラ掛け可で格安
●海外就職/現地採用OK
●補償額の上下が少なく、安心。
1年間ずっと保険代理店にも相談可能
●3つの中で安心感は一番
短所 ●カード付帯保険の期間は、補償額が少なめ
●3ヶ月以上の保険は、留学・ワーホリ、常に旅行で移動する人限定
●語学力が必要(通訳サービスがない)
キャッシュレス診療が入院時のみ
携行品損害補償なし
●医療費請求が郵送のみ
●カード付帯保険の期間は、補償額が少なめ
●そのカードに入会必須。(どれも年会費有料、3000円〜)
●継ぎ足し保険は、出国前に日本での契約が必須
●保険加入が郵送で少し時間がかかる
●ここの3つの中では少し高い
●保険期間は1年が限度(1年以上の場合は、帰国が必要)
●出国前に日本での契約が必須
●保険加入が郵送で少し時間がかかる

↓下で、1つずつ詳しく説明していきますね。

節約方法1:ドイツ アリアンツ社の旅行保険を継ぎ足す

ドイツ アリアンツ社旅行保険グローブパートナー
⇒グローブパートナー公式サイト

こういう人向き

●現地の病院で通訳不要の人。
●とにかく安く済ませたい人。
●旅行目的が、留学/ワーホリ、常に旅行で移動している人

内容&コスト

これは、日本人経営の「フランスの保険代理店アセット」さんが販売している、ドイツのアリアンツ社の旅行保険「グローブパートナー」です。

最大の特徴は、カード付帯保険のカバー期間(90日)のあとに、日数を継ぎ足す形で利用ができることです。もちろん、利用付帯裏技を使ったあと、90日以降や180日目以降での利用もできます。

1年間を最安値で済ませようとした場合だと、

①1〜90日目 1枚目のカード付帯保険でカバー
②91〜180日目 2枚目のカード付帯保険でカバー
③181日目以降〜 このドイツの旅行保険でカバー

という形になり、このドイツの旅行保険に加入するのは、半年で済みます。見積りしてみると、半年で、格安の354ユーロ(2016年4月現在。行き先地はフランスで)。かなり安く済ませられますね。

また、海外の保険ということで、日本の海外旅行保険とは少し違う部分も多く、急な虫歯や親知らずの痛みに対する緊急歯科治療の補償がついていたり、あと、旅行出発後でもインターネット上でカード払いで申し込みができる、というようなメリットもあります。

ドイツ旅行保険のメリットまとめ

●カード付帯保険のあとに日数を継ぎ足す形で利用できる
●保険料が安い(半年なら354ユーロ)
●治療費用は無制限
●緊急歯科治療の補償が付いている
●インターネット上でカード払いで申し込み可能
●出国してから、旅行途中でも加入可能

欠点

ただし、このドイツの旅行保険、欠点もあります。

欠点その1 通訳サービスが無い

日本の海外旅行保険なら当然付いている、通訳サービスが無いため、現地の病院での診察、診療時は、自分で現地の医者に説明をしなければいけません。ですので、現地の言葉もしくは英語が話せる、語学力がある人向けと言えます。(留学やワーホリで、現地へ行ってから語学力を身につける予定の人も含めて)

ただし、語学力に自信がなくても、格安であるこの保険を使いたい人もいるかと思います。そんな人は、「日本語が通じる病院を先に見つけておく」という方法で、なんとか使うことができます。(日本人の多い大都市でしか使えない方法ですが)

言ってみれば、通訳というサービスに対して、この保険が効かないだけです。なので、通訳を呼ぶ必要のない、日本語の通じる病院を見つけることができれば、その病院を利用する前提で、この保険を使うという手もありだと思います。

韓国のソウルなど、公的機関が電話で日本語通訳サービスを提供している地域もあります。そういう地域なら、語学力に自信がなくても、この保険を利用しやすいですね。

欠点その2 キャッシュレス診療は、入院時は良いが、通院ではダメ

病院での診療費を、保険会社が直接病院に払ってくれて、自分の財布から払わなくていいという「キャッシュレス診療」が、入院のときにしか使えません(日本の海外旅行保険なら通院でも入院でも使えます)。この保険だと、通院のときは、自分で一旦、立て替え払いし、その後、請求する形になるので、少々不便(請求は郵送で手続きが必要)。

欠点その3 携行品損害補償がない

持ち物の盗難や破損をカバーしてくれる「携行品損害」という補償が、ありません。パソコンやスマホ、その他高価なものを持ち歩く場合は、保険ではカバーされないので、注意が必要です。

節約方法1のドイツの旅行保険に関しては、以上です。

さらに詳しい保険の詳細は、公式サイトで確認してください。

フランスの保険代理店アセット

ドイツ アリアンツ社の旅行保険グローブパートナー

節約方法2:とあるクレジットカード会員だけ加入できる継ぎ足し保険

三井住友トラストクラブ海外旅行保険プラス

こういう人向き

●病院には通訳が必要で、かつ、最も安く済ませたい人
●22歳以上で年収200万以上の人(カード申込時)
●旅行目的が現地採用や現地就職、ロングステイ、出張、駐在の人

内容&コスト

この保険は、SuMi TRUST CLUBカード(旧シティカード)を持つカード会員だけが加入できる海外旅行保険で、その名は『海外旅行保険プラス』。

一見すると、よくあるカード付帯保険への上乗せ保険(有料)なのですが、よく説明を読むと、「2ヵ月以上の滞在をご予定の方向けに、期間を延長するプランをご用意しています」と書いてあり、上のドイツの保険と同じように、カード付帯保険の90日間のあとに継ぎ足すことができるという、少し変わった保険です。(おそらく日本で唯一だと思います)

この『海外旅行保険プラス』、引受保険会社は東京海上日動なので、有料海外保険の中では安いほう、というのも嬉しいところ。

で、1年間を最安値で済ませようとした場合ですが、下記①〜③のような使い方になります。

三井住友トラストクラブの海外旅行保険プラスを利用した図

①1〜90日目 1枚目のカード付帯保険でカバー
②91〜150日目 SuMi TRUST CLUBカードのカード付帯保険でカバー
③151日目以降〜 この『海外旅行保険プラス』でカバー

SuMi TRUST CLUBカードの付帯海外旅行保険は、どれも最大60日間(2ヶ月)なので、6ヶ月目から、この有料の『海外旅行保険プラス』を利用することになります。

最安値で済ませようとした場合、
①の期間は年会費無料カードでカバー、②はSuMi TRUST CLUBカードの一番年会費が安いものが3000円、③の『海外旅行保険プラス』を残りの7ヶ月で加入した場合、8.5万円(治療救援費用1000万のN2プラン)。合計コストは一年で8.8万円になる計算です。

メリットまとめ

●カード付帯保険のあとに日数を継ぎ足す形で利用できる
●日本の保険なので、通訳費用も出る
●保険料は、一年で約9万円。
●日本の保険なので、携行品損害もカバー
●海外就職・現地採用、ロングステイなどもOK

欠点

このSuMi TRUST CLUBカードの『海外旅行保険プラス』にも欠点があります。

欠点その1 91〜150日目の補償が少ない

②の期間である91〜150日目を、SuMi TRUST CLUBカードの付帯保険でカバーする必要があるのですが、年会費最安(3000円)のSuMi TRUST CLUBエリートカードにした場合、治療費用の補償限度額は150万円と少ないのが不安です。

三井住友トラストクラブの海外旅行保険プラスを利用した図

↑赤い部分の期間(91日目〜150日目まで)の補償額が低くなるのが、欠点と言えます。

欠点その2 年齢と年収の制限がSuMi TRUST CLUBカードにはある

次の欠点として、SuMi TRUST CLUBカードはカード発行に年齢制限があることも要注意です。さきほどの保険補償額と、まとめて表にすると↓このような感じになります。

SuMi TRUST CLUBカードの年会費と治療費補償額の対照表

年会費 治療費
限度額
申込OK
の目安
SuMi TRUST CLUB エリートカード 3,000円 150万 22歳以上
年収200万円
SuMi TRUST CLUB リワードカード 3,000円 150万 22歳以上
年収200万円
SuMi TRUST CLUB ゴールドカード 12,000円 200万 25歳以上
年収400万円
SuMi TRUST CLUB リワード ワールドカード 12,000円 200万 25歳以上
年収400万円
デルタスカイマイル SuMi TRUST CLUB ゴールドVISAカード 18,000円 200万 25歳以上
年収400万円

この欠点に対しては、無理にSuMi TRUST CLUBカードの年会費の高いカードを選ぶ必要はありません。利用付帯裏技が使えるカードで、年会費の安いものを、もう1枚、用意し、補償限度額を上乗せてしておけば良いでしょう(参考:利用付帯裏技カード補償額比較表)。上乗せは、↓この図の水色の部分のようなイメージです。

三井住友トラストクラブ海外旅行保険プラスの弱点カバー方法

欠点その3 日本で保険加入手続きが必要

SuMi TRUST CLUBカードの『海外旅行保険プラス』は、日本出国前に、加入手続きを済ませておく必要があります。また加入手続きは、郵送でのやり取りが必要なので、少し時間に余裕を持って、手続き開始をしておきましょう。

↑再度、確認したところ、改善されたようです!

カード付帯保険が出発からかけられていて、無保険状態がなく、かつ、カード付帯保険が切れるまでの間であれば、海外から電話で申し込み可能。また、郵送も必要なく、公式サイトで重要事項説明等を確認すれば電話での申し込み可能、とのことでした!さらに、短縮・延長も海外から電話1本で可能とのことです。

かなり便利になりましたね。こういう企業努力は嬉しいですよね♪

節約方法2に関しては、以上です。

実際の保険の詳細は、公式サイトで見てみてください。

SuMi TRUST CLUBカードの『海外旅行保険プラス』

※『海外旅行保険プラス』の資料は、カード会員にしか送ってもらえないようなので、注意してくださいね。

節約方法3:利用付帯裏技+格安の上乗せ保険

保険デザインパートナーズさんサイト

こういう人向き

●病院には通訳が必要で、かつ、トラブル時の対応に安心が欲しい人
●旅行目的が現地採用や現地就職、ロングステイ、出張、駐在の人

内容&コスト

この格安の上乗せ保険は、京都の保険代理店「保険デザインパートナーズ」さんが教えてくれた保険で(日本の保険会社の海外旅行保険です)、今は、ほとんど市場に出回っていない貴重な保険です。

バラ掛けができるので、必要な補償だけつけて、コストを節約することができます。

この保険を紹介してくれた「保険デザインパートナーズ」さんなのですが、いろんな会社の海外旅行保険を扱っていて、海外旅行保険に詳しい代理店さんです。しかも、私のサイトも熱心に読んでくださっていて、普通の保険代理店さんなら嫌がる、「カード付帯保険と有料保険の併用」も嫌がることなく対応してくれるとのこと。(約束してくれました。笑)

ですので、遠慮することなく、「カード付帯保険と併用します」と相談してみてください(長期海外旅行保険の相談はこちらから)。カード付帯保険と併用することで、さらにコストを節約できます。1年間を最安値で済ませようとした場合は、↓こんな感じになります。

1年をカード付帯保険でカバーする場合の図

①90日目まで 自動付帯の保険付帯カード
②91-180日目 利用付帯の保険付帯カード1枚目
③181-270日目 利用付帯の保険付帯カード2枚目
④271日目-360日目 利用付帯の保険付帯カード3枚目
以上4枚のカードで1年をカバーしつつ、
⑤1年の格安上乗せ保険に加入(約11〜12万円)

治療救援費用1000万のレベルにして、あとカード4枚を発行したとすると、合計コストは、ほぼ12万円ちょうどになります(カード4枚+有料保険11.8万)。

1年の間、ずっと、有料保険に入ることになるので(⑤)、トラブル時には保険会社だけではなく、保険代理店さんにも相談することができるので、安心度が高いです。

メリットまとめ

●今では珍しい、バラ掛けができて安価な海外旅行保険
●日本の保険なので、通訳費用も出る
●保険料は、一年で約11万円
●日本の保険なので、携行品損害もカバー
●補償額の上下が少なく安心
●1年間ずっと保険代理店にも相談可能
●海外就職・現地採用、ロングステイなどもOK

欠点

もちろん、この保険にも短所があります。

欠点その1 このページの他の保険より高い

普通の有料海外旅行保険が15万円や20万円するので、この保険の11万円という価格は安いと思うのですが、このページで紹介している3つの節約方法の中では一番高いです。ただ、長期海外滞在はトラブルに遭う可能性も高いので、保険代理店さんを通した保険が一年ずっとある、このプランは、一番安心です。

海外旅行保険に詳しい代理店さんがいたほうが安心、ということについては、こちらの記事を御覧ください。⇒海外旅行保険を価格比較だけで決めるのをやめるべき理由

欠点その2 保険期間が1年が限度

この保険の性質上、「保険期間が1年が限度」というのは、どうしようもないそうです。

欠点その3 保険加入手続きに郵送が必要で時間がかかる

保険代理店を通して加入する保険なので、加入手続きには郵送でのやり取りが必要なので、加入まで少し時間がかかります。早めに手続を開始しましょう。

節約方法3に関しては、以上です。

この「保険デザインパートナーズ」さんの格安上乗せ保険ですが、一般には公開していないそうです。こちらの特別問合せフォームから問合せしてみてください。

保険デザインパートナーズ 海外旅行保険(長期滞在)に関するお問合せ